人気ブログランキング |

いいたいことは少しある

seiyaku.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 13日 ( 1 )


2019年 04月 13日

プライベートカンパニーとパブリックカンパニー

たいへんありがたいことに

僕にはとても尊敬できる先輩が

何人かいて

しかも全く別の会社の歳上の先輩であり

その先輩から

励ましていただいたり

喝を入れてもったり

大切な考え方を教えてもらったりする

機会があります。




ご縁というもののありがたさを

痛感する次第なのです。




先日も

なかば

喝を入れられながら

会社にはふたつの側面がある

という話を教えていただきました。




プライベートカンパニーと

パブリックカンパニーのふたつを

君は知っているか

という話を

新橋の飲み屋で

大先輩から教えていただいた。




プライベートカンパニーとは

その会社の事情であったり

オーナーや経営者の意向であったり

あるいは

活動を通じて利益を出して

社員に還元すること

を意味します。




パブリックカンパニーとは

社外の第三者にも

明確な説明ができる方針であり

社会の公器としての役割

を意味します。




会社はただ儲ければよいのではない

社会に役に立つ必要がある


その事を忘れずに仕事に

励みなさい

という話を

得々と教えられました。




この大先輩は

大企業の副社長を

務めていたので

豪快で明るく前向きで

ひとを鼓舞するチカラも並外れてあり

また

写真1枚や顔色ひとつで

今の状態を見抜く

眼力の凄さも桁外れなのです。




ひとを感動させるものを考えて

つくれと。


お金儲けだけでいいわけないだろう

ということを


たんと教えられました。




ぼくはなにひとつ

話をした訳ではないけども

ぼくの顔に

そういう仕事のスタンスの

偏りが滲んでいて

看過されたのだと思います。




宴もお開きになり

小上がりから

靴を履き直す時に

大先輩は

お酒を飲み過ぎて

ぼくの靴を踏みつけ

わはははと

笑いながら

ごめんごめん

また飲もうと

太い大きな手で

握手をして

走り去りました。




私利私欲のないお付き合いに

感謝するしかないなあ

といま思い返しながら

週末の夜を過ごしています。



by kouji_kotani | 2019-04-13 19:57 | Comments(0)