人気ブログランキング |

いいたいことは少しある

seiyaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

Sting & The Police

Synchronicity I

a0067135_10412371.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-27 12:30 | Comments(0)
2013年 01月 27日

The Kinks

Mr. Churchill Says


a0067135_16111145.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-27 12:27 | Comments(0)
2013年 01月 27日

The Rolling Stones

Hot Stuff

a0067135_14204819.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-27 12:23 | Comments(0)
2013年 01月 27日

Prince

Raspberry Beret

a0067135_12173791.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-27 12:17 | Comments(0)
2013年 01月 27日

Tim Finn

Death Of A Popular Song  

a0067135_1243779.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-27 12:04 | Comments(0)
2013年 01月 26日

初夏の日差し

a0067135_9271915.jpg

那覇のホテルにいます。
お昼過ぎのANAで羽田に戻ります。
そのあと仕事します。本当は自宅で寝たいけど、仕事します。

那覇の今日は初夏の晴天。

日差しが初夏のようなんです。
1月なのに夏みたい。
春の雪ではなく
春の初夏の日差しなんです。





今回は関西空港から那覇に入ったのですが
関西空港の本屋さんで
阿川佐和子さんの『聞く力』を買い
ラウンジや機内で読みました。

ノウハウ本ではなくて
聞く力というテーマを据えてあれこれ綴った
本です。
読みやすく仕立ててありますが、たいへんに練った芸のある本だと思いました。

人間は良い面悪い面あるという思索や
チームプレーでインタビューに臨む様子や
父親の阿川弘之さんにこてんぱんに叱られ泣きまくる様や
印象に残る箇所がたくさんありました。

ノウハウ本へのアンチテーゼになっていて
人間を洞察する文学みたいな本だ
とも思いました。

実用書に偏食するのではなくて
志賀直哉から阿川弘之、阿川佐和子へとつながる
文学の王道を読むことの
意義を僕は痛感しました。

僕は仕事や、実用へと、そうとうに偏食していて
ちょっとダメだなあと思いました。

1月なのに初夏の日差しがあるように
人間はひといろふたいろでなくて
信じられないさまざまないろあいと
喜怒哀楽がある
そういうごく当たり前のことを
すっかり忘れていた気がしました。





そんな感じです。

by kouji_kotani | 2013-01-26 09:27 | Comments(0)
2013年 01月 22日

Lucinda Williams

Right In Time




a0067135_0562310.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-22 22:24 | Comments(0)
2013年 01月 22日

Susan Cagle

Dream



a0067135_21494962.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-22 22:19 | Comments(0)
2013年 01月 22日

Buika

Mienteme Bien

a0067135_17371451.jpg

by kouji_kotani | 2013-01-22 22:16 | Comments(0)
2013年 01月 22日

かげもひなたもないなら

今いちばんタフなのは
かげもひなたもない
ということかもしれない。

かげという誰もしらないなかで努力する
ということは
見返りもないし
そのことで何か得ることもない
ということは明確になった気がするのです。

雑巾をしぼり廊下を磨こうが磨くのをさぼろうが
基本的にはどちらもかわらない
ということでしょう。

だから
かげもひなたもない
かげもひなたもかわらない
というところから
出発するしかないと思うのです。

かげもひなたもない
ということは
みぎにいこうがひだりにいこうが
おすきなようにということなんだと思うのです。

僕はおすきなようにということからはじまって
すこしづつ紡ぎたいと思う。

みぎにいこうがひだりにいこうが
おすきなようにということならば
ひだまりのおおいほうを歩くと思う。

かげもひなたもないなら
よいにおいのする
よい空気のにおいのする
ほうを選ぶと思う。

みかりがないなら
ひだまりとよいにおいのする空気で
紡ぎたいと思う。

廊下を雑巾でみがくと
ひだまりが廊下を照りかえす。
照り返しを選びたいと思う。

そんな平日の夜。

by kouji_kotani | 2013-01-22 22:07 | Comments(0)