人気ブログランキング |

いいたいことは少しある

seiyaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

改訂 虚学

僕は文学部卒ですが
かつて学校に通っていた頃

君たちは虚学を学ぶ
無用の用を学ぶ
虚学と実学に優劣はない

と教えられた。

確かにそう思う。
が、虚学って
どこかしら
まがいものな感じがしたことを
覚えています。

化学を勉強した人間は
ゴムパッキンを撫でながら
元素記号の組合せを
考える。

工学を勉強した人間は
柱のない体育館の
モーメントを
考える。

医学を勉強した人間は
抗生物質の
抗菌の危険性を
考える。

実学が全然上で
全然チカラがあると
今でも時折
思います。

虚学である文学部が
格闘していた問題とは

■言葉というシステムを幼い子がどうして習得できるのか

■想像力で、経験した事以外の事を
想像できるか

■意識をうまく表現できるのか

■なぜAという人の物語を読んで、
読んでいるBがあたかも自分の事のように感じてしまうのか
個人的な話が普遍性をもつのはなぜか

こんな事だった気がする。
もう相当忘れてます。

僕はぼーっとして

字がきれいにかけますね

と褒められた生徒なので
エラソーに何も言えません。

数字扱うのがイヤで
文学部に入学したのに
今は数字を扱い
あーだこーだ
考えているのも
不思議な気もします。

虚学などを習うのは
ひねくれ者なんだと思います。

先日、山手線に乗っていたら
ベビーカーに乗った
小さなこどもと
目と目があいました。

じっと見つめてくるので
あばばばば
と微笑みの
誘導を試みました。

すこしだけ
目が笑って
かわいいなあ
と思いました。

この
あばばばばとこどもの微笑みのあたたかさ

文学の端緒
虚学に通じているのかも
しれません。

虚学もすてたもので
ないのかもしれません。

by kouji_kotani | 2015-01-31 18:04 | Comments(0)
2015年 01月 28日

落葉

枯れていく。

葉が枯れて落葉する。
枝ぶりだけが目につく
冬の木になる。

人も枯れていく。
枯れて人も冬の木のようになる。


若い時みたいに
徹夜を続けることは
難しいし
幽かな刺激に
反応することも
難しい。
無理も出来なくなる。



冬の木みたいに
出来たことが出来なくなって
落葉も目立ってくる。


枝ぶりだけが目につく
枯れた状態になるのが
歳をとるということなんだろうが
それの
何がいけないんだろう

半分開きなおり
半分自分を大いに肯定したくなる。

枯れて悪いのか
落葉してなにが悪いのか。



落葉樹には落葉樹なりの
思いも、考えも、生き方も、嗜好も、
信念も、心情も
ある。

落葉して悪かったわね
と思ったりする。

悪かったわね
と本当に思ったりする。

by kouji_kotani | 2015-01-28 19:48 | Comments(0)
2015年 01月 25日

ザ・ヴォルト~オールド・フレンズ・フォー・セール

a0067135_8194956.jpg




プリンスは1978年にワーナーと契約。
『フォー・ユー』や『パープル・レイン』を発表した。
その後、自身の実験的な音楽に向かい
また、音源の所有権をめぐり
ワーナーと対立。
96年にプリンスはワーナーから離れた。

ザ・ヴォルト~オールド・フレンズ・フォー・セール
は契約枚数未消化のために
プリンスの未発表曲を集めた
アルバム。

既にプリンスがワーナーを離れた3年後に
売り出された
アルバムである。

会社を退職したのに
前会社でやった仕事が
セールスに出る
というのも
不思議な感じがする。


僕は今年にはいり
プリンスに少し
ハマっています。
ザ・ヴォルト~オールド・フレンズ・フォー・セール
をブックオフで
500円で買ったのが
きっかけです。

プリンスは4オクターブでるらしいが
高音から低音までの自在な歌唱力
ギターの上手さ
それにジャスのようなグルーヴな感覚
がプリンスの強さだと
書いてあるのを読みました。
まったくその通り。

お蔵入りした曲を集めた
ザ・ヴォルト~オールド・フレンズ・フォー・セール
は耳に心地よいです。

by kouji_kotani | 2015-01-25 08:04 | Comments(0)
2015年 01月 24日

Fall Out Boy

Jet Pack Blues

a0067135_1254326.jpg

by kouji_kotani | 2015-01-24 12:05 | Comments(0)
2015年 01月 24日

Prince

She Spoke 2 Me

a0067135_11584686.jpg

by kouji_kotani | 2015-01-24 11:59 | Comments(0)
2015年 01月 24日

Prince

The Rest Of My Life


a0067135_11534248.jpg

by kouji_kotani | 2015-01-24 11:54 | Comments(0)
2015年 01月 17日

御神木

a0067135_13141452.jpg



京都の東福寺で降車して
三十三間堂に行った。

金曜日は
大阪で仕事をし
夜は
心斎橋のホテルに泊まり
馴染みのカレー屋さんで
カレーを食べて
ホテルに戻り
少し仕事をした。



目が覚めて
また
少し仕事をした。


仕事に目処がついたので
朝方に
京都に行こうと思った。






京阪線で乗り継ぎ
東福寺に向かった。

東福寺から
大きな通りをしばらく歩くと
御神木に目がとまった。
御神木の前で
iPhoneを使って
写真を
撮っている方がいた。

僕も写真を撮りたくなり
写真を撮った。

幹が太い。
御神木はどれもこれも好き。
御神木はいいなあ
と思った。


小学生の頃
窓から
校庭を
見るのが好きだった。

校庭に針葉樹が植わっていて
風でしなる様を見るのが好きだった。

御神木を見上げるのも
好きだ。

見ていて
いいなあ
と思う。


東福寺から
三十三間堂に向う途中
コンビニに寄って
大福を買って食べた。

通り沿いにあるお店、
散髪屋、喫茶店、飲食店は
どれもこれも
ひなびていた。

何十年前にトリップしたような
気がした。
そのくらい
ひなびていた。

タバコ屋のおばちゃんから
タバコを受け取る
男性の顔。髭のある顔。

道路工事をしている
土木工の男性の顔。四角い顔。

其々昔の人の顔のように
見えてしかたなかった。

古いモノクロームの写真を
見る機会がありますよね。


明治期の和洋折衷の時代を
生きた人達の顔。
あの雰囲気があったんです。


タバコを買う髭の男性の顔も
道路工事を行う四角い男性の顔も
忘れられた日本人
というような顔の雰囲気を
漂わせていました。



三十三間堂には
千手観音立像が1000体ある。
ずらっと並んだ
千手観音立像をみていると
此れだけ沢山の仏があっても
まだ満足しなかったのだろうかと
思った。

まだまだ救われないと思いながら
建造したのかしら。


救われるというよりも
かえって
煩悩の深さを感じてしまいました。


圧倒的な諸仏。
圧倒的。






三十三間堂の向かいに
京都国立博物館がある。


谷口吉生設計の新館を観た。

少し大味な感じがした。
天井高が高いからだと思う。

国宝の数々。
ここも圧倒的だ。
三十三間堂同様
圧倒的。


圧倒的な濃度を
経験出来る人がいるし
出来ない人もいる。
その違いは
大きいと思った。
そう考えると
少し悔しくなった。



御神木か。と思った。
圧倒的に対するのは
野ざらしの一本の木。


そんなことを思った。

by kouji_kotani | 2015-01-17 12:24 | Comments(0)
2015年 01月 15日

村上さんのところ

http://www.welluneednt.com/

by kouji_kotani | 2015-01-15 17:23 | Comments(0)
2015年 01月 14日

うじうじした話

うまく書けるかな。
書いてみます。


おととい、仙台に行きました。
月曜日石巻にいく要件があったので
前日に仙台に泊まったのです。

ひとりきりで時間を持て余していたので
せんだいメディアテークに行きました。
メディアテークで
映像の企画展を観ました。


震災に関する映像が
10本程かかっていた。

お茶の間や寝室など
扉を開けて10の部屋を次次に
抜けて行きながら
映像を観ていくのです。


部屋の壁に投影された映像や
部屋のパソコンから流れる映像を
観ていく
そういう仕立ての
企画展を観たのです。


女の子が二人がけのソファーに
座って観ていたのです。

見ず知らずのひとと
二人がけのソファーに座り並んで
映像を観るのは
抵抗があったので
ひとつ飛ばして
僕は先の部屋に入りました。

不法造成工事で傾いた住宅に
住む人たちの
困惑と訴えをテーマとした
映像を観ました。

すると女の子は
僕が座っている部屋に入り
僕を一瞥して
先の部屋に進みました。

ひとつ飛ばしで
僕も女の子も
映像を観ていったのです。






一時間近く
経過した頃だと思います。

原発反対デモに関する映像を
観ていたら
女の子が
ソファーの隣に座ってきたのです。




映像を目で追うのと
見ず知らずのひとと隣り合わせになる
居心地の悪さを感じて
僕はすごく疲れました。




で、ホテルに戻り
あれこれ考えてしまったのです。



企画展は
見ず知らずの人達と
場を同じとし
作品を鑑賞する行為なんだ
と思ったのです。

それは、こそばゆいと
思ったのです。
居心地の悪いものだと
思ったのです。

意識が散ると
思ったのです。


そもそも企画展は
不自然な所作を強いる
場なのでは
と思ったのです。

それは
企画展だけでなく
ワークショップやセミナーや
さらに言えば
あのフランスの手を取り合うデモや
個人個人が連携して
パブリックの意識をつくることや
凡ゆることが
棒には
苦手な気がしてきたのです。







非常に無理な姿勢を続けると
肩が凝りますよね。

社会教育や社会運動全般が
僕には
こそばゆくて
得意とは思えないものなのだと
思ったのです。
無理な姿勢と同義だと
思ったのです。



なんかものすごく疲れて
しかも
ある種の閉塞感を感じてしまったのです。




で、飛び込みで
マッサージに行き
お客さん凝ってますね
と言われて
やっと落ち着いた
という話です。




ハグ出来ないでしょう。
ハグが上手に出来ないと
社会教育の類を鑑賞出来ないし
社会運動の連携に参加出来ない。
そんなうじうじした
ことを
考えたという話でした。






そんな感じ。

by kouji_kotani | 2015-01-14 22:54 | Comments(0)
2015年 01月 08日

石焼き芋

大阪にいます。

ホテルにもどる途中で
石焼き芋を売っていました。

一本100円

と張り紙をしていました。
小銭入れには
50円玉二枚あったので

ひとつ下さい

と頼んだ。

今ね、安納芋しかないのよ

と言われた。

安納芋は一本100円では
買えないのよ
と言われた。

それなら、
小銭に持ち合わせないから
すいません、またね

と立ち去ろうとした。

100円でいいよ、いいよ

と返事。

100円で特別に売ってあげるから
そのかわり、大きさは、これや

と小さな安納芋がでてきた。

なんだか、テキ屋のペースだ
と思った。

僕は100均のローソンで
石焼き芋を買うことがたまにあって
かさかさして、ごつごつした
石焼き芋にも
慣れているから

まあ、100円だし
と思い

じゃください

と50円玉を二枚渡して
小さな安納芋を受け取った。

上等な芋よ、特別に、100円でね

と言いながら、紙に包み、安納芋を手渡された。

ホテルに戻り
パソコンを開き
あーだこーだ
やりながら
安納芋を齧った。
齧ったら
ものすごく
美味しかった。

テキ屋の言う通り
上等な品種の安納芋だと
思った。

あの石焼き芋屋は
何処までがお約束のはったりで
何処からが嘘偽りのない本当なのか
よくわからないと思った。

ホテルで安納芋を齧って
パソコンであーだこーだしていたら
すっかりお正月休みは終わり
仕事が始まったんだなあと
思った。

安納芋食べて
歯を磨き
ベッドの上でのびをうったら
カンペキに仕事初めの気分になりました。

by kouji_kotani | 2015-01-08 01:31 | Comments(0)