人気ブログランキング |

いいたいことは少しある

seiyaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 30日

路地のある場所


僕の祖父と祖母は
墓地の側の
谷という場所に住んでいた。

墓地は
陸軍墓地と呼ばれている。

陸軍墓地の傍には
狭い路地があって
タクシーが通り抜けれるか
どうかという
幅しかない。

一昨日
久しぶりに
祖父と祖母が住んでいた
場所を訪ねた。

僕が幼い頃見た風景と
今の風景は
ほぼ変わらない。

はるか昔の風景が
今も変わらず
残っているのは
なんとも不思議だ。

記憶と現実とが
両立している。

路地には
初夏の照り返しがあり、
静かにたたずんでいた。

幼い頃
留守宅に
ひとり
残った
記憶があります。

静かにたたずむ箪笥や
静かにたたずむ振り時計や
静かにたたずむ畳。

箪笥や振り時計や畳は
従順な留守宅の
家来のように
見えた。

箪笥や振り時計や畳は
何かを語りかけてくる
かのようで
決して
何も語らない。

箪笥や振り時計や畳を
じっと見て
語りかけてくる瞬間を
見逃さないように
対峙していた
そんな
幼い頃の記憶がある。

一昨日見た
路地からも
もはや幼くはない
僕にむかって
何かを語りかけて
くるかのようで
しかし何も語らない。

そんなふうに見えた。

僕はこの
路地のある場所を
愛おしく思う。

叶うことならば
この場所を機縁として
僕なりの痕跡を
残したいと
切に思う。

by kouji_kotani | 2015-06-30 22:03 | Comments(0)
2015年 06月 25日

留守録



手書きの手紙を頂くと
その人のお人柄を感じます。

筆跡や書きっぷり
筆の運びに
その人のお人柄が
感じられて
手書きの手紙は
なんともいいものだ
と思います。

筆跡は
ある種の暗喩なんだ
と思います。

考えてみれば
筆跡だけでなくて
その方の書棚
その方の部屋
好みの服装
箸の上げ下げ
歩き方
髪のかきあげ方
好みの色
などなど
その人のお人柄を
しのばせる
暗喩の類は
いろいろとあります。

昨日、
僕は飲みに行ってました。

飲みに行っている間に
マナーモードにしていた
携帯のバイブレーションが
振動し
留守録が入ったことに
気がつきました。

人と向きあって居たので
飲み会が散会して
留守録を聞こうと
思ったのですが
やはり気になる。

向かいあった人に
気づかれないように
携帯を抜き出して
着信先を
確認しました。

まだ若い
学生の人からの
電話でした。

僕は

すいません

と席を外し
お店の外に出ました。
お店の軒先で
留守録を再生すると

この間は電話は出れなくて
ごめんね

また電話します

という留守録が残っていました。

数日前に
若い学生に
僕は電話をして
うまく繋がらなかった。

その返信の電話でした。

若い学生の

ごめんね

というメッセージに
いたいけなさを
感じました。

僕の方が
はるかに歳上ですので
敬語ではない

ごめんね

という言い方は
間違いなのですが
若い学生の
ごめんねという
メッセージに
彼がまだ幼少の頃を思い出し
いまも変わらない
若い学生の
幼さと
素直さ
つまりは
人柄を
感じいってしまったのです。

携帯に残された
留守録メッセージも
暗喩なんだと
気がつきました。

席に残した人に構わず
僕は
若い学生に
電話をかけました。

あーだこーだ
がんばれよ
と思いっきり話をして
電話を切りました。

蒸し暑い築地の
夜が
たいへん心地よく
感じました。

by kouji_kotani | 2015-06-25 21:08 | Comments(2)
2015年 06月 21日

鼻歌



アーツカウンシル東京が主催する
クラッシックコンサートの参加に応募したら
当選のハガキが届いた。

本日の公演を聴きに行った。

東京都下の小さなホールで
東京都交響楽団の演奏が
行われた。

ヴォーン・ウィリアムズの
グリーンスリーヴスによる幻想曲を聴いた。

ロッシーニのセビリアの理髪師序曲も聴いた。

スメタナのわが祖国や
チャイコフスキーのクルミ割り人形も
聴いた。

小さなホールで
音楽を聴きながら
僕は
ヨーロッパの田舎町の
森や空を
思い浮かべていた。

田舎町の森や空、
広がる芝、
草を食む羊、
小川のきらめき、
流れていく雲、
そんなステレオタイプな風景を
思い返しながら
東京都交響楽団の音楽を
聴いた。

少し眠気も混じりながら
なんとも
キモチが良かった。
音楽という文化が
日常の身近かにあるのは
シアワセの
源泉になると思った。

ホールの少し先にある
ショピングモールに
寄り道をして
枕を買った。

駐車場に設置してある
自動販売機で
スプライトレモンライムを
買って
駐車場に停めた車の中で
飲んだ。

屋上駐車場には
湿り気のない風が吹いていて
これもまた
キモチが良かった。

スプライトレモンライムを
飲みながら
グリーンスリーヴスによる幻想曲を
鼻歌で歌ったら
ちょっと
つんとした
キモチになりました。

グリーンスリーヴスによる幻想曲
http://youtu.be/tkBsqEZvdLA



by kouji_kotani | 2015-06-21 07:46 | Comments(0)
2015年 06月 19日

真夜中の愉楽



毎日いろんなことがある。
いろんなことがある。
てんこ盛りにある。
山盛りに
特盛りに
本当に
盛りだくさんにある。

家に帰り
シャワーを浴びて
床につき
いつものように
音楽を聴いていると
クールダウンしていく。
いろいろことがあった日でも
音楽を聴くと
クールダウンしていく。

それは愉楽だ。

高校生の頃に
良く聴いていた曲を
今聴いています。
いいな。
コレが。

ステーキにソースをかけるように
音楽を聴きながら
駄文を綴ってみる。

音楽を聴く行為に
駄文というソースをかけると
音楽を聴く愉しみに
少し深みが増す。

夜中に手に出来る
自分の時間。
音楽の愉楽。
愉楽にかける
ソースとしての駄文。

それが
この文章の正体です。

駄文を読まされる方は
たまったもんじゃないだろう。

すいません。はい、ぺこり。

そんなこんなしているうちに
気の利いた
コトバを
読みたいなあ
と思ったので

ウッディアレンの
名言を検索した。

あるある。ある。

次のような
コトバとか
どうでしょう。

もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい
If you want to make God laugh, tell him about your plans

いいですね。

毎日の奔走とか
課題とか
壁にぶつかる苦悩とか
人から言われたひとことのキズとか
忘れられない過去の煩悶の反芻とか
あんなことそんなこと
に基づいて
ああ俺ってやつは…
と将来を卑下する。

もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい
If you want to make God laugh, tell him about your plans

なんですから、ね。

卑下に至る自分の将来の総括を
神様は笑う。

栄光に至る将来の総括も
神様は笑うし
卑下に至る将来の総括も
神様は笑う。

そういうことなんだと
思った。

ウッディアレンってやつは
まったくやるな。

音楽を聴いて
添え物の駄文を書き
ウッディアレンの箴言を
味わいながら
ご機嫌な
真夜中の僕なのでした。

by kouji_kotani | 2015-06-19 01:33 | Comments(0)
2015年 06月 14日

休日




久しぶりの休みだったので
軽めの運動をした。

6キロをゆっくりと走った。
千川上水に沿って走った。

次に髪を切った。

録画していた
Superfryのライブを観た。

予約した時間に
マッサージに行った。

近所でラーメンを食べた。
自宅で頂きもののリーフパイを齧った。

そうこうするうちに
お昼をかなり過ぎた。

横になったままいたら
寝落ちた。

呼び鈴が鳴って目が覚めた。
Amazonからの宅配で
呼び鈴が鳴った。

しばらくなんだか
わからかった。
目が半分くらいにしか
覚めていなかった。

日がかげってきた
部屋のなかで
横たわりながら
意を決して
起き上がり
Amazonからの宅配に
応対した。

髭を剃り
本日二回目の
シャワーを浴びた。

着替えて
エアコンを入れ
扇風機を回した。

扇風機にあたりながら
また横になって
ぼっとした。

休みの1日で
平日のいろんなことが
濾過していくような
気がした。

ドリップが終わった後の
ペーパーフィルターを
滲ませて
残った珈琲豆。
あんな感じだ
と思った。

先週一週間の平日の
いろんなことが
滲んで固まる。
乾燥して小さく固まる。

休みの1日で
休みでない日の
たくさんのいろんなことが
乾燥して小さく固まる。
そう思った。

休日の寝落ちしたあとの
日がかげった部屋。

半分くらいにしか
起きていない感覚。

目が覚めた後の
感覚というか
感慨というか
ちょっと
切ない心持ちは
ずっと同じだとも
思った。

小さな頃から
大人になった現在まで
休日の寝落ちから
覚めていく
日暮れの
少し切ない感覚は
ずっと同じだと思った。

by kouji_kotani | 2015-06-14 22:41 | Comments(2)
2015年 06月 14日

再掲・AFN(American Forces Network)

去年の夏。


空港まで車で移動していた。
空港は市内から遠い場所にあった。

山あいの道を走り
トンネルをいくつか抜けた。
ラジオはチューニングがあわず、
唯一聴けるのは
AFN(American Forces Network)だけだった。


AFNは基地にいる米軍のための放送サービスで
途中途中でニュースも流れるものの
基本は音楽がフルに流れていく。


ドライブをする気持ちに寄り添う様な
ポップミュージックやロックが
次々と流れていく。
音楽と音楽の間に余計なおしゃべりは殆どない。


Neil YoungのOrdinary Peopleが流れた。
ああいいなあと思った。

陽炎のたつアスファルトと夏空が見ながら
Neil YoungのOrdinary Peopleを聴いた。

単調なドライブに
とても似つかわしい曲だと思った。

山間の道を抜け終えと
道沿いに海が見えた。

国道と平行して走るローカル線のプラットホームに
海から帰る男の子と女の子が見えた。

空港に着くと
JALに乗って
僕は羽田に戻った。


飛行機のなかでも音楽を聴いた。

機内誌でハワイとシチリア島の特集を読んだ。
コッポラ帽が欲しいなあ
と思いながら
音楽を聴いてた。

あれから1年弱が経った。
1年は早いようで
いろいろなこともある。
もうすぐ夏がくるね。

Neil YoungのOrdinary People
とても良い曲なので
よかったら聴いてみてください。

by kouji_kotani | 2015-06-14 12:35 | Comments(0)
2015年 06月 14日

Sekouba Bambino

It’s A Man’s Man’s Man’s World

a0067135_11452024.jpg

by kouji_kotani | 2015-06-14 11:45 | Comments(0)
2015年 06月 07日

駄菓子

駄菓子を買うように
iTunesの音楽を買うことが
よくあります。
一曲250円。
お手軽なので
あれこれ買って、スマホにダウンロードします。

好きな楽曲をスマホで聴いていると
本当に気分が良くなります。

横になって
イヤホン越しに
音楽を聴きながら
窓の外に広がる
初夏の青空と
青空のもとにゆれる
洗濯物のたゆたうような
動きを見ていると
これ以上何を必要とするのだろう
という気持ちになります。

iTunesで購入出来る音楽は
偏りがあるので
自ずと
むかしよく聴いた
ポピュラーな曲になります。

アルバムを通して聴くのではなくて
駄菓子の摘み食いみたいな感じは
お気楽な気分を
助長します。

本を読む
絵を見る
映画を見る
音楽を聴く
テレビを見る
美しいフォントで字を綴る
辞書を引く
地図を見る
連絡を取る
誰かと話をしたくなる

求めているモノは
変わらないのだと
思います。

求め方と求めれる場所と求め得る手段が
違ってきました。

映画は映画館で観ていた。
次にレンタルで自宅で観ていた。
今は、ルーターを使ってダウンロードして
手のひらの中で観る。

プールで泳いで
プールサイドで寝そべりながら
手のひらの中で映画を観る。

購入の方法と
体験のあり方が
違ってきました。
駄菓子を買うみたいに
お手軽なんだと思います。


手紙を書くのは
机に座って
構えていた。
手紙と言えば手紙だとも言える
LINEは
書く行為に向かって
肩のチカラが抜けてきた。

気楽に愉しみを得る。
それは本当に気分が良いので
たくさんのひとは
携帯を常に
手元にするのでしょう。

アイムノットインラブ
を聴きながら
これを書いています。

少し前には
Twitterから
指原莉乃のスピーチ動画を
見ました。












by kouji_kotani | 2015-06-07 09:58 | Comments(0)